• 織笠

平成27年仙台明社総会


6月28日

平成27年の明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会の会員総会が開催されました。

26年度の運動報告・決算報告と27年度の運動計画・予算、規約改正、役員人事等が審議され、滞りなく終了しました。

第2部では「ボランティアの心構え」と題して、神戸にある被災地NGO協働センターの村井雅清氏から講演を頂きました。神戸の靴職人だった村井氏は阪神淡路大震災でボランティアを始め、それから20年活動を続けておられます。代表的な活動は「足湯」で、そこで語られたつぶやきの記録が多方面から評価され、近々出版されるそうです。

阪神淡路大震災から続いている!!東日本大震災支援での足湯ボランティア

足湯でのつぶやき

今回神経性胃炎と言われた。年よりだし、おにぎりは固いし、冷たい。もっとやわらかい物を食べたい。

      (岩手県 大槌町 女性 4月9日)

おにぎりとパンだけ。 ○○医師団の人が来てくれて「食事は最悪だ」って・・・・。

 (岩手県  大槌町 男性 76歳 4月9日)

最初の一日の間は食べ物はなくて、凍ったおにぎりを食べていた。

(岩手県 大槌町 男性 80歳  4月14日)

地震の時、車ごと流されて、三時間半泳いでやっと丘の上についた。泳いでいる途中、100人以上の遺体。足つかまれたり、色々したけど自分の事だけで精一杯だった。そこから7時間歩いて避難所に着いて、すぐ病院に連れて行かれて4日間入院した。1週間、何食べても戻した。

        (4月19日 石巻 男50代)

旦那が流されちゃってまだ見つかってないの。見つけてあげたいから今日も(遺体安置所)回ってきたんですよ。海に流された遺体はもう分かんないらしくって、身体の特徴とかを張り出してあるんだけどね。なかなかね。私は高台に逃げたんだけど海が黒くてね、おしよせてくるのよ。

       (5月3日 50代 女性 )

私は逃げられたが父さんが後から来なかったので、流されてしまったと思っている。未だに見つからない。

一生懸命働いた父さんなので悔しいし、悲しいけれど、家族が4人も、5人も流された人がいる。その人たちに比べれば私は父さん一人だけなので泣くに泣けない。他の人に悪くて、我慢している。

         (4月14日 女性 70代 )

あんた達見てるとねぇ,娘のこと思い出しちゃってねぇ.

娘は津波で流されて死んだの.孫も流されたの.本当の独りぼっちになっちゃった・・・.泣きたくない時と泣ける時があるのね.これでもね,最近はやっとこうして外に出られるようになったのよ.ずっと閉じこもってたんだけどね.それではいけないと思って・・・・.足湯すると夜でもまだあったかいの.すごくいいのね.あったまるね~,パワーもらうのかなぁ.毎週来てくれて本当にありがたいわー,私すごく冷えるから,ありがたいです.

         (2012/1/21 石巻・仮設 80代 女性)

「本当に何も残ってないの。家も車も全て。その日に着ていた物だけ。

あそこには松の木並木があったから、海が見えなかったの。でもそれも1本を残して全部流れた。

遺体は傷だらけなの。みんな苦しそうで、こうやって万歳してたり、叫んだ顔だったり、手をぐっと伸ばして助けを求めているような。みんな恐怖な様子で。男か女っていうのは遺体の上に張られているからわかるの。だから、女性を探すときは女性しか見ない。それでも本当に多くて。でも全部見るの。私たちが見つけてあげないと誰も見つけてあげられないからみんなが探すの。ここ(避難所)にいる人みんながそれをしてるの。誰かが探さないと見つけてあげられないから。」「こんなつらい話をしてごめんね。でも誰かに話すことで自分を整理することができる。聞いてくれてありがとう。ごめんね。」              (5月4日 女性 60代 )


0回の閲覧

特定非営利活動法人 仙台明るい社会づくり運動(仙台明社)

〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3

仙台市市民活動サポートセンター内

FAX 022-268-4042

SINCE  2014.08.10