• 織笠

石巻復興公営住宅で餅つきボランティア


6月4日午後 石巻のボランティア団体「オアシス」は石巻市吉野町復興市営住宅の皆さんと連携して「熊本地震バザー」を開催しました。 仙台明社と久喜・加須明社はこのバザーに応援の餅つきで参加し「あんこ餅」と「きなこ餅」にして100人分提供しました。餅をついたのは復興住宅の皆さんです。正に「昔取った杵柄」でみなさん手際のよい作業で楽しみ、おおいに盛り上がりました。 高齢者の方はお餅が大好きですが、喉に詰まらせる危険性があるために復興住宅の部屋では食べないそうです。このように、みんなが集う場所なら安心してお餅を楽しめます。仙台明社復興支援チームは今後も餅つきボランティアを継続していきます。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示