​仙台明社の活動

ゆりりん愛護会の植樹に参加

2017/09/21

 9月17日 台風18号の西日本上陸で天候が心配される中、ゆりりん愛護会の「海岸林再生プロジェクト『復興植樹祭』」の植樹ボランティアに参加しました。場所は岩沼市寺島植栽地で、この日は300本のクロマツを植えました。参加者は30名程で仙台明社からは5名、その内の2名はこの頃ボランティア活動で連携している東北福祉大学ボランティアサークルのメンバーです。

 ゆりりん愛護会とは昨年からのお付き合いです。海岸林再生に取り組む代表の大橋信彦さんには明社機関誌ハートフルにも寄稿して頂くなど親しくお付き合いをして頂いています。震災で破壊された海岸林再生の姿を見られるのは60年後です。子供たちに体験して頂きたいプロジェクトの一つだと思います。

 

http://kaiganrin.jp/news/2014/0217_83.html

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload